--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/01

奇跡の企画「美容業界100人の思い」

3/11の震災以来、このブログの更新をできるだけ控えさせていただいていました。それは個人のブログならともかく、会社のブログという枠組みの中での発言には一個人では済まされない責任があり、記事の話題の選択などが大変デリケートな問題と感じていたためでした。

震災後、「自分にできることは何なのか」を考える機会が増え、日本中の人が被災地のために自分にできることをしようとしていると思います。

募金・ボランティア・支援活動...それぞれがそれぞれの立場で、それぞれのやり方で被災地のために何かをやっている。その根本はみんな一緒で「被災地のみんなを助けたい」という思いのはず。でも、その全てが必ずしも「被災地のため」になっているわけでもないのも現実なのかもしれません。よかれと思ってやっていることが、逆の立場からしてみると・・・もちろん悪気があってのことではないはずです。

僕たちの業界でも同じ事が言えるのかもしれません。

先日、美容業界雑誌「髪化粧」の5月号が発売されました。
HONDA PREMIER HAIRの専務・Masa Hondaが3月号から企画を連載している「髪化粧」。今回は当初企画していた内容を急遽変更して、「美容業界100人からのメッセージ」という緊急企画が特集されました。

それは連載企画「女、解体新書」の打ち合わせでMasa HondaとTeruさん(ATELIER KAZU)の2人が「大地震に直面して、何かお手伝いをしたい。美容業界の人たちは今、何を考えているのか。美容師さんだけでなく、業界をリードするメーカーさんやディーラーさんからもメッセージをいただいて、それを世界中の美容師に届けたい」という思いから生まれました。

その思いにたくさんの方から賛同を頂き、無謀とも言える短期間の間で、それは形になりました。


Masa HondaとTeruという2人のHair Designerによって撮影されたポートレート。そのポートレートにそれぞれの思いを言葉で綴り、及んだページ数は160頁。

企画冒頭に掲載された写真家・鏑木穣さんの言葉に「痛ましい状況がなお続く中で、こんな時に不謹慎だという声もあるかもしれない。けれど、こんな時だから、全国の美容業界の皆さまに、勇気と笑顔を届けたいと思った。」とありました。この本をご覧になれば、いろいろなしがらみを取り払い、純粋にその素晴らしさを実感していただける、そう信じています。

また、この「髪化粧5月号」の売上の一部は東日本大震災の義援金として寄付されるそうです。興味のある方はぜひ、購入されてみてはいかがでしょうか?


震災直後は「不謹慎」という言葉が常に「行動」の前に立ちはだかり、過剰な「自粛」が溢れかえっていました。自分も最初はそれが正しいと思っていました。でも、その「自粛」が時には被災地のみなさんを苦しめているときもあるという事も勉強しました。

今、自分が出した答えは「今まで通り普通に戻る」です。無理にバカ騒ぎする必要もありませんが、自粛しすぎるのもよくない。とにかく普段通りの生活に戻すことが、巡り巡って最終的に被災地のためになる。地味かもしれませんが、それが今、自分が出した「答え」です。

今日からHONDAブログも今まで通りのスタンスで再始動していきたいと思います。

正しいのか間違っているのかはわかりません。いろいろなご意見もあると思いますが、僕なりに考えた上でHONDAブログを通じてみなさんにいろいろなことを伝えていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

written by 佐々木隆
Publication | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。